出産後にみなさんつけている骨盤矯正ベルトについて

2017-01-11

みなさんこんにちは!

三国ヶ丘鍼灸整骨院の青木です。

あけましておめでとうございますですね(o^^o)

みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今年初めての私のblogは出産後にみなさんつけている

骨盤矯正ベルトついてです!

なぜつける方がいいのか、正しいつけ方は?

効果はどうなのかご説明してききますね。

 

出産後にみなさんつけているベルトについてです!  なぜつける方がいいのか、正しいつけ方は?  効果はどうなのかご説明してききますね。

トコちゃんベルトⅡ 紺 出典:tocochan.com

 

骨盤矯正ベルトをつけることによる一番の効果は、

骨盤が安定し、出産前の正しい位置に戻りやすくなること。

おしりや下腹のぽっこりや産後の体の悩みなど、様々なサポートをしてくれます。

 

産後ママは忙しいのであまり運動をしたり、

整体に行ったりすることができないので、

日常生活の中でケアできる骨盤矯正ベルトが人気みたいですね。

 

けれど、ここで落とし穴があります!

骨盤矯正ベルト骨盤を安定することはできるのですが、

骨盤矯正ベルト自体に骨盤をしめる効果はないのです!

 

けれど、ここで落とし穴があります!  骨盤を安定することはできるのですが、  ベルト自体に骨盤をしめる効果はないのです!

 

当院に来られるママさんたちも結構

勘違いされてる方がたくさんいらっしゃいました。

初めの問診の際、「え、そうなの!?」

という声がよく聞こえます笑

 

そしてきつく巻けばいいというわけでもありません!

きつすぎると血流が滞ってしまい、

腰痛やむくみを引き起こしやすくしてしまいます。

 

恥骨のあたりに手のひらがすっと入る程度の

余裕を持たせるのが上手に巻くコツです!

目安としては、正座をしてもつらくない程度ですよ(*^ω^*)

 

また、体を動かしているとずれやすいので、

家事や散歩の後などには、

ずれていないかを確認してくださいね。

 

骨盤矯正ベルトを巻く正しい位置は、恥骨と大転子を結ぶラインです。

※恥骨…おへそからまっすぐ下に指を降ろすと当たる硬い骨盤の骨

※大転子…恥骨から外側に指をたどると当たる出っ張った太ももの骨

 

※画像クリックで拡大します。

 

始めに書いたように、骨盤矯正ベルトには骨盤をしめる効果はありません。

ただ、出産直後骨盤が安定せずぐらぐらしたり不安定感がでます。

そういったときに、固定のためつけるのは構いません。

 

ではそのあとつけなくていいのか?

→1番いいのは骨盤矯正を受けた後に、骨盤矯正ベルトを巻くことです!

 

施術後の正しい骨盤の位置を、

骨盤矯正ベルトで固定することによって、

矯正の効果もより持続されるようになります。

 

骨盤矯正骨盤矯正ベルトを上手く使って、

産後のトラブルを解消しましょう(*^o^*)!

 
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日