美容鍼は、ほうれい線に対する効果が期待できます!

2017-02-01

みなさんこんにちは!

三国ヶ丘鍼灸整骨院の青木です(o´罒`o)

1月もおわり、はやくも2月に入りましたね!

 

2月は他の月よりもみじかいのてこれまた

あっという間に終わりそうです笑

家では豆まきの準備も始めてますよ〜!

 

では今日の記事はほうれい線についてです。

ほうれい線とは、鼻の両わきから

唇の左右の端に伸びる2本の線のこと。

元々シワではなく生まれた時からあるもので、

頬と上あごの境界線です。

 

あとからできるものではなく、

元からあるものなんですよね(ーー;)

 

ところが30~40代!!

加齢とともに頬がゆるむことで下がり始め、

このほうれい線がくっきりと現れてしまいます。

 

そうすると、老けた印象を与えると同時に、

老化が始まったと気づく方も多いです。

急に目立つようになるのでショックですよね(>_<)

 

シワやたるみの原因は、

・加齢

・紫外線

・ストレス

・ホルモンバランスの変化

・不摂生や喫煙によるコラーゲンの変性

・筋肉の衰え

 

肌表面に起きている現象は、

身体内部の状態を映し出してきます。

まさに身体の鏡ですね…

 

そこで救世主!鍼の登場です!

鍼で筋肉を刺激することにより、

たるみやシワに対して効果が期待できます。

 

肌老化の予防には、

血流をアップさせることが最も大切です!

 

これに対して鍼治療は、

鍼によって微細なキズを受けると、

その部分を直そうと再生力が高まり、

血行が促進されるためとても効果的です。

 

また、同時に筋力をアップさせるので

肌のターンオーバーを促進させるなど、

美肌のための内分泌系を整えたりと、

多面的にシワに対して効果を示します(*´꒳`*)

 

深くなってしまったほうれい線に

効くツボはたくさんあります!

顔一面にあるツボの中でも、今日は3つ

ご紹介しますね。

ご自分でも気づいた時に刺激してみてください(^o^)

 

①巨髎(こりょう)

黒目の中心からまっすぐ下に引いたラインと

小鼻の横から真横に引いたラインが交わるところ

 

押し方

人差し指、中指、薬指を3本揃えて指の腹をツボ周辺に当てる。

少し上の方へ向けて押し上げる感じで3~5回。

反対側の頬も同様に行なう。

 

②下関(げかん)

目尻と耳の穴を結ぶラインの

真ん中あたりにある骨の下のくぼみ

 

押し方

人差し指、中指、薬指を3本揃えて指の腹をツボ周辺に当てる。

頬に優しく押し込むようにゆっくりと。

3~5回、反対側も同様に行なう。

 

③角孫(かくそん)

側頭部の、耳の上先端があたる所

 

押し方

人差し指、中指、薬指を3本揃えて指の腹をツボ周辺に当てる。

頭皮を上に押し上げるような感じで、

後ろに引き上げるようにゆっくり回しながら押す。

眼の周辺や頬が引っ張られるのを

感じられるくらいの強さで行なう。3~5回。

 
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日