どのようにして背中をほぐしていくかお答えします!

2017-07-14
三国ヶ丘鍼灸整骨院のスタッフ西本です

皆さん、こんにちは。

三国ヶ丘鍼灸整骨院の西本です。

 

そろそろ梅雨も終わり、本格的な暑さも

続いていますね。

 

そんな中、三国ヶ丘鍼灸整骨院では来られた

患者さんに対して背中をアイシングで、

冷やしてから筋肉をほぐしています。

 

アイシングは患者さんからも大好評で、

たくさんの方が「ひんやりとして気持ちいい」と

言う声をいただいています。

 

暑い状態でいきなり背中をほぐしたりすると、

さらに暑くなりますので足からほぐしています。

 

そんな背中ですが、ここにはたくさんのツボがあり、

人には疲れが出やすい場所でもあります。

 

今回は背中のマッサージについて

書かせていただきます。

 

最初に背中には僧帽筋や肩甲挙筋、

菱形筋、広背筋、脊柱起立筋群などたくさんの筋肉があります。

 

これらの筋肉が背中から体幹を支えています。

 

それでは背中の筋肉をほぐしていきましょう。

 

背骨を手のひら全体で優しく触れ、

首の方からお尻の方へと押してあげましょう。

 

押す加減が難しいと感じる方は、

擦るのもいいです。

 

次に背骨の横(背骨の硬く出っ張っているてっぺんのちょうど横)を、

上から下へ、優しくなぞるように親指で押していきましょう。

力の入れすぎには気をつけましょう。

 

左右にあるので、片方ずつ押していきましょう。

相手が気持ち良いと思うくらいで良いです。

 

このようにほぐしていくだけでも

背中の筋肉は緩くなっていきます。

 

次に、デスクワークや事務作業をされている方には、

同じ態勢でされていると思います。

 

しかし状態が続くと姿勢にも影響し、

猫背になってしまう事もあります。

 

そうならないためには、猫背で丸くなった背中を、

大きく反らせて背中の丸みをとっていきます。

 

これは自分一人で出来ます。

 

やり方は、背中にストレッチボールや枕、

クッション、椅子の背もたれなどに当てて、

そこを支点に身体を反らせていきます。

 

この時は足を伸ばさずに、膝を三角に立てて、

股関節を曲げた状態で行いましょう。

 

だいたい1分~2分を2・3セット行いましょう。

 

皆さんも背中がしんどくなってきたり、

だるくなってきましたら、このようにほぐしていきましょう。

 

今回はこれぐらいにさせていただきます。

 

7月中は三国ヶ丘鍼灸整骨院の13周年イベントも、

開催していますので、お困りの方はいつでも

お尋ねください。お願い致します。

 
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日