五十肩はなぜ起こり、どのように治すのかお答えします!

2017-10-27

皆さん、こんにちは、

三国ヶ丘鍼灸整骨院の西本です。

 

最近は、雨も降りかなり寒くなってきましたね。

寒いと筋肉や関節が固くなり、動かしにくくなります。

 

特に肩関節は、痛みもかなり出ます。

有名なのは、五十肩です。

 

今回は五十肩について書かせていただきます。

 

五十肩とは、肩の痛みと運動制限をきたす疾患で、

肩関節周囲炎とも言われ、明らかな原因がないものです。

 

秋から冬にかけて夜が冷えてきます。

今の時期は五十肩が発生する割合が高くなり、

いつ発生すのかといえば、夜寝ている間です。

 

夜中寒くなり、横向きで丸くなって寝ている事が多くなります。

その時、身体の下側になる肩関節は常に圧迫され、

押さえつけられています。

 

その状態が長く続けば、血流が流れにくくなり、肩関節周辺の組織に

十分な血液が供給されず、阻血状態になりダメージを負う事になります。

 

そして、朝起きて肩が痛くて挙がらなくなった、

というのはこの様な状況で発生します。

 

他に、五十肩の要因は、代謝の低下もあります。

五十肩は、50代になりやすく、50代になると代謝も落ち、

代謝が落ちると動きが鈍くなるしあまり動かなくなります。

 

就寝時子供は活発に寝返りをしますが、

50代で代謝が落ちていると寝返りもあまりありません。

その結果横向きに寝続け、肩関節を圧迫し、五十肩になります。

 

実は整骨院では、五十肩を保険治療で診ることは出来ません。

三国ヶ丘鍼灸整骨院では、このような五十肩に対しては、

主に鍼治療で痛みをとっていきます。

 

そこからほとんど痛みがとれてきたら次に、

姿勢矯正治療で、身体のバランスを元に戻していく

根本的に治していきます。

 

五十肩は、身体のバランスが悪いから

起こってしまいます。

 

最終的にそのバランスもとっていくために

矯正治療で治していきます。

 

五十肩で苦しんでいる人はたくさんいます。

しかし、その痛みを我慢しないでください。

 

お困りの方は、三国ヶ丘鍼灸整骨院まで

お電話ください。お待ちしております。

 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日