肩周りの筋肉をほぐし、ストレッチ法について

2017-11-24

皆さん、こんにちは。

三国ヶ丘鍼灸整骨院の西本です。

 

最近は冷えてきて、肩周りの筋肉も固まってきましたね。

 

今回は、肩周りの筋肉をほぐす方法と

ストレッチ方について書かせていただきます。

 

まず肩周りの筋肉が固くなる原因について

書かせていただきます。

 

長時間、首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、

猫背、前かがみなどの姿勢の悪さや、冷えにより血流が悪くなるなどです。

 

頭や腕を支える僧帽筋やその周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなり、血の流れが悪くなります。

 

それでは肩周りの筋肉をみていきましょう。

 

まずは誰かに揉んでもらったり、

ほぐしたりすると少しは楽になります。

 

しかし、自分一人ではなかなか難しいですよね。

 

それでは、肩甲骨まわりをやわらかくして血行をよくし、

肩周りの筋肉を動かしていく方法をやっていきます。

 

①右手を右肩、左手を左肩に置きます。

 

②肩の力を抜きます。

 

③ひじで大きく円を描くように、後ろ回しで5~10回ほど回します。

前に、上に、後ろに、下に、それぞれ意識して、

できるだけ遠くを通って大きな円を描くように回すとよいです。

 

④後ろ回しが終わったら、前回しを5~10回ほど行います。

 

これをゆっくりと無理のないペースでやり、

疲れない程度で続けていきましょう。

 

肩周りの筋肉ストレッチは、

まず床に四つん這いになります。

 

息を吐きながら、両手を前に滑らせます。

 

深く呼吸をつづけながら、

20~30秒ほど伸びのポーズをキープします。

 

息を吸いながらもとに戻ります。

 

数回繰り返して行いましょう。

あごと胸が床につくくらいまで反らせるのが理想です。

 

三国ヶ丘鍼灸整骨院では、重点治療で

肩周りの筋肉をほぐしてから、

矯正治療で根本的に改善していきます。

 

また、鍼治療で肩の奥にある筋肉を

直接刺激して緩めていきます。

 

どちらも効果は絶大です。

気になる方は三国ヶ丘鍼灸整骨院まで

お電話お待ちしております!

 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日