ぎっくり腰の治療法についてお答えします!

2017-12-01

皆さん、こんにちは。

三国ヶ丘鍼灸整骨院の西本です。

 

最近は、冷えで腰を痛める人が多いですよね。

特にぎっくり腰が多くなってきます。

 

今回はぎっくり腰について書かせていただきます。

 

まず、ぎっくり腰とは、急に腰が痛くなってしまう

急性腰痛症と言われています。

 

原因は、筋肉に持続的に負担を掛ける事か、

急激な負荷が腰に掛かる事です。

 

例えば、重いものを持ちあげようとした時や、

くしゃみをした時にも起こります。

 

では実際にぎっくり腰になってしまい、

治し方を書かせていただきます。

 

まずは楽な姿勢をとり安静にし、少し楽になったら

アイシングなどで冷やすことが大切です。

 

自分で幹部をマッサージをするのはやめましょう。

素人の判断で勝手にマッサージをすることで余計に

傷つけてしまうのでやめましょう。

 

無理に動かすのもやめましょう。

無理に動かすと炎症をぶり返すので

やめましょう。

 

安静にし、アイシングをやって順調に痛みがとれてきたら、

次はお風呂やホットパックで幹部を温めましょう。

 

血の流れをよくすることで筋肉を柔らかくし、

症状を抑えるのを助けます。

 

再発防止には、腰に負担のかかることは極力さけて、

同じ姿勢ばかりしないことです。

 

三国ヶ丘鍼灸整骨院では、ぎっくり腰で来られた患者さんに対し、

特別な治療で治していきます。

 

まずは特別な治療で骨盤の歪みをとりながら、

腰に関連している筋肉をほぐし、鍼治療で腰の

筋肉を直接刺激します。

 

それから腰にテーピングで固定し、

その上からアイシングシートを貼り冷やします。

 

治療後は患者さんもかなり楽になり、

安心して帰られます。

 

その日はお風呂につからないようにアドバイスします。

つかってしまうと症状がぶり返すからです。

 

皆さんもぎっくり腰でお困りの方は、

三国ヶ丘鍼灸整骨院にお任せ下さい!

 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日