★顎関節症(口が開かない)

■顎関節症とは?

物を噛んだり、口を開閉したりする時に、あごを動かす筋肉(咀嚼筋(そしゃくきん))に痛みや違和感を感じる咀嚼筋群の機能障害と、
顎関節(がくかんせつ)の痛みや雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼びます。
口を開けるとアゴが痛かったり、「ポキッ」と音がなったりする場合には、「顎関節症」の可能性があります。

顎関節症の原因はたくさんあり、精神的ストレス、疲労を蓄積させる生活習慣、噛み合わせの異常などがあげられますが、
大きく口を開けた際に外れる場合が多く、欠伸(あくび)や食事をしている時に外れることが多いと言われます。

■顎関節症の症状

・口を開けたり閉じたりすると「ポキッ」と音が鳴る。
(クリック音と言います)

・口を開けたり物を食べたりすると、アゴが痛む。
・口が開きにくい、開かない。(ロックと言います)


ポキッと音が鳴る(クリック音がある)だけの場合には
特に治療の必要はありませんが、
面白がってポキポキ鳴らすとアゴに負担をかけてしまい、
症状が悪化する恐れがあるので注意して下さい。

 

 

■三国ヶ丘鍼灸整骨院の「顎関節症」治療

顎関節症は、特に女性の方に多くみられ、年々若年化しております。
子どもや若い女性は靭帯がやわらかく伸びやすいため、ちょっとした負担で関節がずれて症状が起こることが多いのです。最近はファーストフードなどやわらかい物ばかりを食べ、噛む力が弱くなっていることが、原因の1つと考えられます。

また顎関節症は、直接的な原因だけでなく、ストレスで発症することがあります。
当院は、女性の患者様に多くご来院いただいておりますので、
比較的に顎関節症の整復を行うことが多く、患者様にもご満足頂いております。

 

世の中の接骨院・整骨院でも「確実に治る」ということはなく、治療というのは、プロでも難しいです。
一般的に顎関節症の治療となると、歯医者さんへ行ってマウスピースを作ったり、噛み合わせを治そうとしがちです。


実は顎関節症の重要なカギとなるのは「頸椎(首の骨)」です、三国ヶ丘鍼灸整骨院では顎だけでなく首にもアプローチをして顎関節症の改善に努めます。


また、顎関節症に接する筋肉に鍼を刺して治療するだけでなく『食べ方の指導』や『噛み合わせの治療や指導』により顎関節症治療を行います。

 

顎関節は、体のバランサーとも呼ばれているくらい重要な関節です。
顎関節が歪むと、転びやすくなったり、肩こりになりやすくなります。
また、顎関節を治療する事により、骨盤や膝の歪みの改善を行えるのが、三国ヶ丘鍼灸整骨院の治療の特徴でもあります。


口が開きにくい、顎関節から音がするという方は、
一度三国ヶ丘鍼灸整骨院にご相談ください!

office_hours

お電話、メールでのご予約、ご相談はこちら ↓

メールでのご予約:メールフォームへ
ご予約・お問い合わせ電話:072-252-5155

院への行き方

三国ヶ丘鍼灸整骨院TEL:072-252-5155
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日