産後のうつ(鬱)はなぜ多いのでしょうか?

2017-01-23

三国ヶ丘鍼灸整骨院の川﨑ですこんにちは!
三国ヶ丘鍼灸整骨院の川﨑です。

早いもので1月も終わりに近づいてきましたね。

気温も下がりかなり冷え込んできたように思えます。
くれぐれも体調には気を付けてくださいね。

今日は、産後のママに多い
うつ症状についてお話していきます。

まず、うつがなぜ起こるのか
原因についてお話していきます。

一番大きな要因としてはストレスが挙げられます。

いくら自分の子供が可愛いとはいえ
なぜ泣いているのかわからなかったり
夜泣きで眠れなかったり。

今まで味わったことのない
ストレスが身体にかかります。

そのストレスを抱え込んでしまったり
深く考え込んでしまうと
うつ症状が出てきます。

もうひとつ大きな原因として
自律神経の乱れも挙げられます。

自律神経とは
交感神経、副交感神経にわけられるものです。

簡単にいうと交感神経は動いているときに使う神経
副交感神経は寝ているときに働いたり
内臓のコントロールをしてくれる神経です。

産後、子供さんの夜泣きなどで
眠れなくなったりすると
このバランスが乱れてしまい
うつ症状が起きてしまいます。

では、どのように対策すればいいのか
対策法をお教えします。

まずは、まわりに相談できる方がいるということが
一番重要になってくるかと思います。

ご両親やお友達、誰でもいいですが
一番良いのはだんなさんだと
僕は思います。

ママ一人で育児をしているわけではないので
だんなさんの協力があるとないとでは
かなり違ってきます。

少し育児や家事がしんどいから
手伝ってほしい。
この一言を言うだけで変わります。

逆に、まわりからも
声をかけてあげるようにしましょう。

もうひとつの対策法は
自分の時間をつくる
ということです。

どうしても子供の子供のことで
手一杯になってしまいますので
ママ自身の時間がなくなります。

ですので、子供が寝ている時に一緒に昼寝をしたり
先程もお伝えしたように
周りの方の協力を得て
ひとりの時間をつくってみてください。

そうすればきっと心も身体も
楽になります。

三国ヶ丘鍼灸整骨院では
そんなママを応援したくて
産後の骨盤矯正を提供しています。

1時間ほどの少しのお時間で大丈夫ですので
自分の時間もつくってみませんか?

 
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日